弁護士の就職先 その2

現代では、弁護士の活躍するフィールドが広がっています。それに伴い、弁護士の求人もさまざまな求人があるようです。

弁護士になるには

弁護士の就職先 その2

歴史をひも解いてみると、弁護士という職業は、日本では鎌倉時代から江戸時代にその原型が存在したとされています。

しかし、ヨーロッパやギリシャのような、法廷にたつ法律家という位置づけではなく、少し口を添えたり、便宜を図る程度の役割だったようです。

日本で本格的に弁護士がその地位を築き、活躍していったのは、戦後に入ってからのことだったようです。

それまでは、裁判官や検察官よりも弁護士の地位は低くみなされてきたのだそうです。

時代は変わり、現代では、弁護士の活躍するフィールドが広がっています。

それに伴い、弁護士の求人もさまざまな求人があるようです。

一般的に、新人弁護士の就職先として多いのは、弁護士事務所のようです。

先輩弁護士から、仕事をもらって、仕事をする。

そのようにして、仕事を覚えていくのだそうです。

ただし、こういった仕事をもらって仕事をするタイプの求人は減少傾向にあるそうです。

というのも、国の政策として、法曹人口を増やしたため、新人弁護士を採用する求人は少ないようです。

弁護士事務所ではなく、企業内で働く弁護士などは最近需要が多いようですが、弁護士としての知識、能力以外にも、ビジネスパーソンとしての見識、能力も必要とされるようです。