弁護士への道のり

努力の末に、手にした弁護士という職業。求人はあまたにあるのかというと、他の職業同様、新人弁護士の現実はなかなか厳しいようです。

弁護士になるには

弁護士への道のり

困っている人を親身になって助ける正義の人。

朝から夜遅くまで、依頼人のために有効な証拠を探し続けるあきらめない人。

弁護士と聞いて誰もが抱くイメージとは、こういったものではないでしょうか。

職業に関する調査によると、親が子供に将来なってほしい職業のトップスリーは、第一位が医者、第二位が公務員、そして第三位が弁護士なのだそうです。

これらの職業が選ばれた理由は、収入が高く、安定しているからだとのことです。

確かに、弁護士や医者といえば、高収入のイメージがあります。

超難関と言われている新司法試験に挑み、合格できる人は受験者全体からすると一握りだとのこと。

一度で合格する人はめずらしいのですが、しかし、試験は法科大学院卒業後の五年間に3回までしかチャレンジすることができないのだそうです。

新司法試験に合格したあとも、すぐに弁護士として職に就けるわけではありません。

一年間は埼玉にある司法研修所で研修を受けるのだそうです。

大学入学から弁護士として名乗れるようになるまでに、学費だけで500万円以上かかる方が大半だそうです。

こうした努力の末に、手にした弁護士という職業。

求人は余るほどあるのかというと、他の職業同様、新人弁護士の現実はなかなか厳しいようです。

その中でも、エイパスの求人サービスは豊富な情報を公開しています。